上を向いて歩こう!!2号店

このブログは僕が描いた絵や歌はもちろん、好きな映画や音楽、マンガやアニメ、ゲームと幅広く興味のあることについて書くブログです。
0

07/21のツイートまとめ

sasa315

[ゆっくり特撮映画紹介]学校の怪談 妖怪大図鑑1 前編 https://t.co/xKWeSMrkVd #sm31604777 #ニコニコ動画 https://t.co/FqJk7VXd7v
07-21 22:21

[ゆっくり特撮映画紹介]学校の怪談 妖怪大図鑑1 前編 https://t.co/xKWeSMrkVd #sm31604777 #ニコニコ動画 https://t.co/VtaHSqELW1
07-21 22:21

[ゆっくり特撮映画茶番]発端 https://t.co/Vwj8p2jT61 #sm31569284 #ニコニコ動画 #学校の怪談 懐かしいな https://t.co/2MFEaqvt7M
07-21 22:20

【速報】声優・上坂すみれさんのツイッターとインスタグラムが本日をもって閉鎖! 今後はスタッフによる情報発信アカウントに統合 : オレ的ゲーム速報@刃 https://t.co/i7cRhhc2R9
07-21 22:16

【公式】「TEKKEN7」DLC2 ゲストキャラクター告知PV(ロング版) https://t.co/ssVj1nyaoZ #so31591955 #ニコニコ動画
07-21 19:50

RT @xiguys: グッデイにまさか出てくるとは… https://t.co/4gPBmdx73u
07-21 00:05

RT @hardy_newland: ファミコンの向きどうにかして https://t.co/kQSiZuSkvI
07-21 00:00

RT @Swiss_Bohemian: On my way to Osaka via Dubai, upgraded to business class. Enjoying "in this corner of the world" with dinner. https://t…
07-21 00:00

RT @KingsmanMovie: Maybe you’ve heard of us. The new #Kingsman: The Golden Circle trailer is here. https://t.co/cwSey5hhmu
07-21 00:00

RT @AmeComiLife: 【速報】『キングスマン:ゴールデン・サークル』の最新トレイラーが解禁!キングスマンは米スパイ組織ステイツマンと手を組み、新たな強敵に立ち向かう!コリン・ファースが演じるハリーも再登場!9/22に全米公開!日本公開は2018年予定! https…
07-21 00:00

スポンサーサイト
0

07/20のツイートまとめ

sasa315

痛いニュース(ノ∀`):【画像】 中国さん、とんでもない護身グッズを売り出してしまう https://t.co/d3tS8HT4bt
07-20 23:56

【画像】 「これが関西の食事だ!」 →関東人「おかずはどれ?」:痛いニュース(ノ∀`) https://t.co/FXtqRUJGby
07-20 23:56

【これはひどい】人の写真を勝手に加工して"心霊写真"としてTV放送、本人にばれる 心霊研究家「ここに強い未練を残した自殺者の霊が…」 https://t.co/7NO6PLIn29 @htmk73さんから
07-20 23:54

ツール・ド・フランス、選手がレース後の「脚」画像を公開  https://t.co/2X5nU83FUX @cnn_co_jpさんから
07-20 23:53

GANTZ作者「実写版『銀魂』を見た。苦痛過ぎる2時間、世間とのズレを感じました」 https://t.co/XEI3cRpF9y @htmk73さんから
07-20 23:53

【悲報】浮気疑惑の声優・浪川大輔さん、キス写真やLINEを文春に暴露されてしまう https://t.co/s3gecr4TUG @htmk73さんから
07-20 23:52

「仮面ライダー電王」ハナ役・白鳥百合子が10年経て語る…インタビューがブルーレイ封入ブックレットに #ldnews https://t.co/G9CHph04nN
07-20 23:52

RT @nejimakiya521: チケット発売中!ハチマキ役田中一成さんの思い出を仲間たちで語る会です。ステージにこのメンバーが揃うことはなかなかないと思います。そして、大きなスクリーンでプラネテスの世界をご堪能くださいませ(*^^*)https://t.co/mCwe
07-20 23:48

RT @JunyaOkabe: 1970年代特撮「シルバー仮面」×「レッドバロン」が実写映画化!40年以上の時を経て… - シネマトゥデイ https://t.co/mzLg6MlePL @cinematodayさんから
07-20 23:48

RT @t_kotobuki: あーん描き下ろしたかったな #サイボーグ009の日 https://t.co/5MlQVrm9fa
07-20 23:48

0

映画「ハロウィン」(1978年)

ハロウィンⅠ (1)
『ハロウィン』は、アメリカ映画で、ジョン・カーペンター監督の出世作とも呼べるホラー映画。
ハロウィンⅠ (9)
あらすじ
1963年10月31日のハロウィンの夜。イリノイ州にあるごく普通の平和で小さな町、「ハドンフィールド」で殺人事件が起こった。現場のマイヤーズ家で殺害されたのは、その家の長女、ジュディス・マイヤーズ。
ハロウィンⅠ (7)
そして、彼女を殺した犯人はなんと、マイヤーズ家の長男(ジュディスの弟)で、まだ6歳のマイケル・マイヤーズであった。マイケルは責任無能力の異常者として、直ちに精神病院に措置入院となるも、マイケルの担当医を務める事になったドクター・ルーミスは、マイケルの中に秘められた危険性に気付き、彼に対する警備体制の強化を求める。しかし、医師達はマイケルがまだ幼いのを理由に相手にしようとしなかった。
ハロウィンⅠ (6)
悪夢の殺人事件から15年後。21歳になり、それまで病院でおとなしくしていたマイケルは突如脱走。途中で殺害した作業員から作業つなぎを奪い、更には金物店で白いハロウィンマスクと洋包丁を盗んだマイケルは、高校生のローリー・ストロードの命を狙う。その一方、マイケルの担当医で、拳銃を持ったルーミスが、マイケルの入院していた病室に残された「Sister(姉)」の文字を頼りに、彼の実家のあるハドンフィールドに訪れていた…。
ハロウィンⅠ (1)
個人的感想
殺人鬼マイケル・マイヤーズ伝説の始まりとなる作品。
ジョン・カーペンター作品の名作の1つです。

ハロウィンⅠ (5)
邦画の幽霊系でのホラー映画の演出ではできない、殺人鬼側の主観ショットでの殺人シーンが印象的。ハロウィンⅠ (10)
主にこの主観ショットは動物パニックものやクリーチャー映画でよくある手法なのですが、マイケルは1の時点では実体のある殺人鬼なのでこの手法は生かされています。幽霊でこれをやってしまうと実体あんのかよ!って思えちゃうので生き物臭くなってしまうので幽霊モノのホラー作品ではこの手法をあまりつかわれませんからね。
ハロウィンⅠ (8)
本作がうまかったのはハロウィンだからみんな何かしらのコスプレをしてるので怪しまれないというところですね。
ハロウィンⅠ (4)
さらに、個人的にニヤッとしたのは同じくカーペンターがリメイクした遊星からの物体Xのオリジナル、遊星よりの物体Xをみんなで見ているという点もニヤッとしますね。
maikeru1.gif
本作はあくまで殺人鬼なのですが、何をやっても死なないので人間ではないと思えてしまうんですが、ラストにマスクを脱がされ素顔が見えるのですが、左目はハンガーでやられて晴れてますが意外と普通の顔してるんですよねwあとちゃんとマイケルの息遣いもBGMになってますしね。
マイケルマイヤーズの中の人(素顔)
一作目でもかなりしぶとい奴でしたが、これ以降は完全にクリーチャー化していってより無敵になってきます。カーク船長のマスクを被っているアイコンが定番化していくわけですね。ジェイソンでも同じくセックスしてるカップルをぶっ殺す風紀委員の役目もちゃんと守ってますw
ハロウィンⅠ (3)
ラストのえ?お前もう人間やめてない?感は明らかに続編を意識しています。

ハロウィンⅠ (2)
トータル・・・名作。やはり一作目は面白い。



視聴&購入は↓



0

映画「ボディー・スナッチャーズ」

ボディー・スナッチャーズ (1)
ボディー・スナッチャーズ (13)

『ボディ・スナッチャーズ』(Body Snatchers)は、1993年のアメリカ映画。ジャック・フィニイのSF小説『盗まれた街』(原題:The Body Snatchers)の3度目の映画化作品である。日本では劇場未公開。
ボディー・スナッチャーズ (1)
あらすじ
フォート・デイリー米軍基地。父とともにそこに住む娘マーティーは、ある夜、バスルームで、謎の物体に襲われる。難を逃れ父の寝室に逃げ込むマーティー。そこには、溺死の父と、父の姿に甦生しようとしている超絶物体がうごめいていた。
ボディー・スナッチャーズ (3)
個人的な感想
人気作であり、何回もリメイクされているボディー・スナッチャーの三回目のリメイクとなります。
ボディー・スナッチャーズ (3)
結構評判は悪いみたいですが、自分は結構面白かったです。
ボディー・スナッチャーズ (4)
前作のSFボディースナッチャーも本作も突っ込みどころはあります。
前半は結構退屈です。
ボディー・スナッチャーズ (7)
軍人の彼氏指の折り方変だしwあと殺人を犯したことがあるとわかっていきなりのチューはないw
ボディー・スナッチャーズ (12)
そしてラストのヘリで街を壊滅させるというアホな図w
ボディー・スナッチャーズ (2)
などなどありますが、これはこれで良いかなと思いますね。

ボディー・スナッチャーズ (20)
ボディー・スナッチャーズ (19)
全裸お色気シーンは前作同様あります。
ボディー・スナッチャーズ (17)
ボディー・スナッチャーズ (18)


セクシー・ボディ・スナッチャーズ とか作られるくらいなので、全裸満載です。
ボディー・スナッチャーズ (10)
しかしまー全裸のお母さんに襲われそうになる子供かわいそう。
ボディー・スナッチャーズ (11)
ただ最後のヘリでの爆撃っていうのがwそんだけの装備で街一個壊滅は無理じゃないw?というのはありますね。
ボディー・スナッチャーズ (3)
いくらなんでも弟が置いてけぼりも酷いですね。
ボディー・スナッチャーズ (16)
SFボディースナッチャ―では描かれてなかった途中で助けたらどうなるのか?が結構中途半端に描かれてないんですよね。
ボディー・スナッチャーズ (14)
本作では出来損ないが襲い掛かってくるとか途中で外されちゃうと死んじゃうとかその辺が描かれているのは良いですね。

ボディー・スナッチャーズ (6)
お馴染みの指さしもちゃんと再現されています。

ボディー・スナッチャーズ (15)
トータル・・・自分はそこまで嫌いじゃない作品です。
ボディー・スナッチャーズ (1)

視聴&購入は↓
ボディー・スナッチャーズ (9)

ボディー・スナッチャーズ (8)















関連リンク
映画「SF/ボディ・スナッチャー」 レビュー
http://uewomuitearuku2.blog.fc2.com/blog-entry-1424.html

0

映画「SF/ボディ・スナッチャー」

SF/ボディ・スナッチャー (1)

解説
 劇場未公開ながらも傑作の誉れ高いドン・シーゲル監督の「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」(56)のリメイク。D・サザーランド扮する公衆衛生調査官を主人公に、次々と友人や隣人が侵略者と入れ替わっていく恐怖を描く。
SF/ボディ・スナッチャー (2)
あらすじ
空から泡が降ってきた。それが全ての始まりだった。 サンフランシスコの公衆衛生調査官マシューはある日、同僚のエリザベスから奇妙な相談を受けた。彼女の恋人ジェフリーの様子が最近おかしくなり、以前の彼とは別人のようになったというのだ。
548150_original.jpg
その翌日、エリザベスがマシューの家に駆け込んで来た。ジェフリーが見知らぬ人たちと密会しており、しかもジェフリーを含めた彼らは、人間らしい感情というものを持ち合せていないように思われたというのだ。マシューはエリザベスを知り合いの精神科医のキブナー博士のところへ連れて行くが、キブナー博士は、それを単なる幻覚にすぎないと断定した。
SF/ボディ・スナッチャー (11)
数日後、マシューの親友ジャックの家で不思議な物体が発見された。それは異様な繭状の物質の中に胎児のような粘着性をもつ、ジャックの顔をした人形のようなものであった。そしてその物体はエリザベスの家にも現れた。町の人たちは、この正体不明の生命体に肉体を乗っ取られていたのだ。それは宇宙から地球を侵略しに来た未知の生命体であった。
SF/ボディ・スナッチャー (4)
マシューとエリザベス、ジャックに彼の妻ナンシーの4人は町から逃げ出そうとするのだが…。
SF/ボディ・スナッチャー (1)
個人的な感想
かなり久しぶりになるので所々忘れてました。
前半のテンポはすごく良いです。

SF/ボディ・スナッチャー (11)
夫が何か別の者に変わっているというところから、エリザベスは衛生局のマシューに相談する。最初は相手にされないが、それからマシューの周りでも同じような事を言う者たちが続出。
SF/ボディ・スナッチャー (12)
何かおかしいと思い始め、それはじわじわと進行していく。
そして、前作というか最初のボディー・スナッチャー恐怖の街の主演のケヴィン・マッカーシーが逃亡する男の役でゲスト出演。
the_transition.jpg
大量の人間が街中で一人の男を追いかけ回しているという、このシーンは最初の異様なシーンで、結構ゾクッとする。

SF/ボディ・スナッチャー (3)
原作も含めこのボディ・スナッチャーは赤狩りのメタファーと言われ社会派な内容になっています。
SF/ボディ・スナッチャー (5)
一作目に続いてこちらも非常に良いリメイクになっていると思います。

SF/ボディ・スナッチャー (10)
何よりキャストが豪華です。
SF/ボディ・スナッチャー (8)
主役のマシューはドナルド・サザーランド。
SF/ボディ・スナッチャー (6)
博士役にはスタートレックのMr.スポックでお馴染みのレナード・ニモイ。
SF/ボディ・スナッチャー (9)
ジャック役には インディペンデンスデイやジュラシックパーク、ザ・フライに出演するジェフ・ゴールドブラム。
SF/ボディ・スナッチャー (7)
そしてジャックの妻にはエイリアンのランバートをこの次の作品で担当することになるヴェロニカ・カートライトがでている。
SF/ボディ・スナッチャー (14)
本作の名シーンといえばやはり最後のアレですね。
SF/ボディ・スナッチャー (13)
そしてこの人面犬も伝説となりました。
SF/ボディ・スナッチャー (12)
トータル・・・今見ても色あせない名作であり、知ってる人が全くの別人のように見えるという恐怖は色々なもののに通じる恐怖がありますね。


視聴&購入は↓










~関連リンク~
映画「ボディー・スナッチャーズ」レビュー
http://uewomuitearuku2.blog.fc2.com/blog-entry-1425.html

【EVE bursr error R】応援中! 【EVE bursr error R】応援中!